ご訪問ありがとうございます^^

【アカナドッグフードの選び方】老犬にはシニア用じゃないとダメなの?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

アカナドッグフードは、大きく分けて

  • 「シングル」
  • 「レジオナル」
  • 「ヘリテージ」

の3種類のラインナップがあります。

それぞれどのような特徴があるのか、解説していきます。

この記事でわかること
  • アカナドッグフードの詳細が知りたい
  • アカナは種類が多くてどれが良いのかわからない
  • シニア専用のドッグフードっていいの?
チワわん

このような疑問をお持ちの方は、参考にしてしていただければと思います。

目次

アカナドッグフードの種類

アカナドッグフードの種類
あああああ

シングルの特徴

「アカナ シングル」は、食物アレルギーのある犬のために考案されたドッグフードです。

犬種や年齢を問わず、全ての犬を対象としています。

大きな特徴は、フードに含まれる動物性たんぱく質の原料を一種類に限定していることです。

たんぱく源が決められているため、アレルギーのある犬にも安心して与えることができます。

また消化吸収がスムーズであり、身体への負担を少なくしています。

多種類の原材料を使用していないため、食事の好き嫌いが激しいワンちゃんにも与えやすいでしょう。

たんぱく質の違いにより、

  1. 「グラスフェッドラム(ラム肉のみ)」
  2. 「フリーランダック(鴨肉のみ)」
  3. 「ヨークシャーポーク(豚肉のみ)」
  4. 「パシフィックピルチャード(イワシのみ)」

4種類があります。

そしてフードには肉の部分だけでなく筋肉、臓器、骨なども配合され、丸ごとの栄養がぎゅっとつまっています。

レジオナルの特徴

特徴

「アカナ レジオナル」は、「シングル」に比べさらに肉の含有量をアップさせたタイプです。

肉の原材料は5種類を組み合わせ、バランスのとれた様々な栄養摂取が期待できます。

  1. レジオナルは鶏肉や七面鳥、卵などが含まれる「ワイルドプレーリー」
  2. ニシンやイワシ、アブラガレイなどの魚を使用した「パシフィカ」
  3. ラム肉や鴨肉、魚などバラエティに富んだ「グラスランド」
  4. アンガスビーフやラム肉、ポーク肉など赤身肉中心に構成された「ランチランド」

の4つがあります。

ヘリテージの特徴

管理人

上に挙げた「シングル」「レジオナル」はいずれも全犬種・全ライフステージに対応するフードでしたが、

「アカナ ヘリテージ」は犬の成犬時のサイズや年齢、状態に合わせた豊富なラインナップになっています。

原材料は主に鶏肉、卵、天然カレイを使用し、高たんぱくで低カロリーな動物本来の自然な食事を目指しています。

それぞれ犬のサイズ別に、子犬用の「パピー・スモール・ブリード」、「パピー&ジュニア」、「パピー・ラージ・ブリード」、成犬用の「アダルト・スモール・ブリード」、「アダルト・ドッグ」、「アダルト・ラージ・ブリード」の6種類に加え、犬の年齢や活動状態に合わせて「スポーツ&アジリティ」、「ライト&フィット」、「シニア・ドッグ」の3種類があります。

老犬にはアカナシニア用がおすすめなの?

アカナシリーズにはシニア犬用の「ヘリテージ シニアドッグ」がありますが、「ヘリテージ」の「アダルト」は1歳以上の成犬全てを指すため、シニアも対象になります。

「シングル」「レジオナル」などはシニアに限定せず、全てのライフステージの犬に対応しています。

ここではシニア用とそれ以外のフードの違いをまとめてみました。

アカナドッグフード

含まれる肉の種類が違う

ヘリテージ

シニア用を含む「ヘリテージ」シリーズでは、原材料に含まれる肉類は「鶏肉、卵、天然カレイ」を中心としており、高たんぱくで低カロリーな食事となっています。

レジオナル

一方、「レジオナル」シリーズでは1つのフードに5種類の肉素材を使用しており、原材料を確認しながら選択することによって、よりバラエティに富んだ栄養摂取やアレルギー対策がとれます。

シングル

また「シングル」シリーズでは、肉類は単体のみで配合されているため、アレルギーが心配な場合、また特に気に入った肉だけを中心に食べたいワンちゃんに向いていると考えられます。

それぞれの犬の好みに合わせ、様々な選択肢があります。

 含まれる肉の割合が違う

フードの種類により、肉の割合が異なります。

管理人

例えば、「レジオナル」ではフードにおける肉の占める割合が70%と高くなっています。

「ヘリテージ シニアドッグ」と「ヘリテージ アダルト・ドッグ」は原料の種類は同じですが、

シニア用は肉の量が原材料中65含まれています。

アダルト用は60です。

「シングル」は肉の割合が50になっています。

老犬にもおすすめできるヘリテージ「アダルト・スモール・ブリード」

スクロールできます
ヘリテージ「アダルト・スモール・ブリード」
内容量1:340g
2:2㎏
3:6㎏
通常料金(税込価格)・340g/880円
・2㎏/4,620円
・6㎏/9,900円
送料600円 ※沖縄および離島は別料金
ヘリテージ「アダルト・スモール・ブリード」基本情報
管理人

わが家の犬がシニアになった時、シニア専用のフードに切り替える選択肢もありますが、

ヘリテージの「アダルト・スモール・ブリード」は高齢の犬にもおすすめできるフードです。

その理由を説明します。

①栄養バランスがよく、カロリーもしっかり取れる

高齢犬になると様々な病気のリスクが高まるため、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスに特に注意し、健やかな老後をサポートしてあげたいですね。

「アダルト・スモール・ブリード」は「シニアドッグ」と比べて肉の含有量は少ないですが、その分野菜やフルーツの配分が高く、ミネラルを意識した栄養分が偏りにくい食事であると考えられます。

また「アダルト・スモール・ブリード」の方がカロリーはやや高めですが、シニア犬になり食べムラがある場合は少量のフードで必要なカロリーを取れるというメリットもあるでしょう。

 ②小型犬に対応しているため、フードが小粒で食べやすい

アカナのフードの粒はやや大きめのものが多いですが、「シニアドッグ」と「アダルト・スモール・ブリード」を比べてみると、「アダルト・スモール・ブリード」の方が少し小さめの形状になっています。

粒が小さい方が小型犬は食べやすいのはもちろん、シニア犬になり、顎の力が弱っている犬でも噛みやすく、体内での消化吸収もしやすいと思われます。

③多頭飼いでも同じフードで対応可能

「アダルト・スモール・ブリード」と「シニアドッグ」は同じヘリテージシリーズに分類され、原材料に極端に大きな違いはありません。

そのため、例えば多頭飼いであったとしても、それぞれの犬の年齢に合わせてフードを準備する必要がなく、食事の支度もスムーズです。

④成犬~シニアまで、ずっと同じフードを与え続けることができる

③に述べた通り、「アダルト用」と「シニア用」に大きな違いはないため、犬がアダルト用を気に入って食べ続けているのであれば、シニア用に替える必要はないでしょう。

もともと高タンパクを謳っているアカナですが、その中でもシニア用はさらに比率が高いので、むしろ体に合わない犬もいるかもしれません。

 アカナヘリテージ「アダルト・スモール・ブリード」の原材料から見た機能面

ヘリテージシリーズの「アダルト・スモール・ブリード」は、犬の健康維持にどのような役割を果たしているのでしょうか。

原材料を確認しながら、このフードの機能性を考えてみました。

肉へのこだわり

鶏肉

地元の農場で飼育された新鮮な鶏肉を使用しています。

鶏肉は高たんぱくで低カロリー、さらにアレルギーを起こしにくい基本の食材と言えるでしょう。

また鶏の肉の部位だけではなく、レバーやハツなどの内臓、軟骨部分も配合されており、より自然界の食事に近い栄養摂取を目指しているのが大きな特徴です。

全卵

人間にとっても身近なたんぱく源である卵が配合されています。

またビタミンやミネラル、レシチンといった栄養成分のバランスもよく、完全栄養食として昔から重宝されている食材です。

天然カレイ

白身魚も高たんぱく、低脂肪が特徴です。

脂肪が少ないので消化にも良く、犬の体に負担をかけにくいと考えられます。

また動物の肉とは違う栄養素も多く含まれており、がん予防で知られるDHA、ビタミンやカルシウムなど体の健康へのサポートする役割を担っています。

また、アカナのドッグフードは全品種が「人間用の上質食材」をモットーとしており、人が食べるご飯にも負けないグレードを掲げています。

犬の好みに合わせ、かつアレルギーを起こしにくい食材の使用

アカナのフード全体に言えることですが、本来犬が好む動物性たんぱく質を主に使用しており、他のドッグフードに見られる植物性たんぱく質を含んでいません。

そのため犬が毎回の食事を喜んで食べることが期待できます。

また小麦や大豆など、アレルギーを起こしやすいとされる食材を使わないのでアレルギーを起こしにくいフードとして、色々なワンちゃんに安心して与えることができます。

※全ての犬にアレルギー反応がないとは言えません。与える際には必ずチェックしましょう。

酸化防止剤などの人工添加物は不使用

アカナのフードは、大量生産や長期保存のために用いられる添加物を含みません。

合成添加物が体に与える悪影響が懸念されている中、それらの心配がないことは栄養バランスにこだわるのと同様、犬の自然な健康状態をキープしていくための大切なポイントとなるでしょう。

また添加される栄養素は「亜鉛」1種類のみ。

いかにトータルな栄養を食材から摂取できるかがわかります。

アカナドッグフードの品質と安全性は

チワ太郎

アカナのドッグフードに使われる原材料は、「地元でとれる新鮮食材」「人間が食べられる最高グレード品質」が売りだよ。

そのため公式サイトでは、食材がどの地域でとれたものかを一つ一つ紹介することで高品質をアピールしています。

つまり生産者が特定できる環境下にあり、輸入などにも頼らない新鮮な原料を使用しています。

また酸化防止剤などの人工添加物も使われておらず、自然の恵みを自然に近い状態で販売しようとする信念がうかがえます。

またアカナは一貫してフードの製造を「自社キッチン」で行っています。

これにより、製造工程や安全管理などが工場ごとに異なるといった危険性は低いと言えるでしょう。

以上から、アカナドッグフードは高品質で安全性の高い製品であると考えられます。

 アカナドッグフードの口コミ

ポジティブ口コミ

アカナドッグフードのポジティブ口コミ
  • 食欲が落ちてきていた犬が、アカナをあげてみるととても食いつきが良かった
  • アレルギー反応が減った・見られなくなった
  • 便の状態が良く、健康的であると実感できる
  • 毛にツヤが出てきた
  • 体型の改善が見られた
美味しそうに食べてくれてる…
満足度
イマイチ
大満足

飼い犬が夢中で食いついている姿は、飼い主さんにとってもうれしいですね。

またアカナのドッグフードに替えたことで、アレルギー対策がとれたり身体の調子がよくなるなど、犬の健康を日々感じられると、安心して与え続けることができますね。

 ネガティブ口コミ

ネガティブ口コミ
  • フードの粒が大きめで、うまく消化できなかった
  • 匂いや味が合わず、食欲が落ちた
  • 他のフードに比べて高たんぱくだったためか、体に合わなかった
  • 値段がやや高め

サイトで多かった口コミが「フードの粒が大きい」という点。

噛んで消化することが難しかったワンちゃんもいるようです。

うーん…
満足度
イマイチ
大満足

また犬の自然な食事を目指して作られた高たんぱくなフードですが、犬の個々の状態や環境により、必ずしも合うとは限らないようです。

別のフードからアカナへ切り替える時は、特に少しずつ様子を見ながら与えたいですね

まとめ

チワわん

アカナのドッグフードは、カナダの地元でとれる新鮮食材を使い、人が食べることのできる最高品質のグレードのものを全て自社キッチンで製造しています。

また犬の好みやアレルギーの状態により、たくさんのラインナップから飼い犬に合ったフードを選ぶことができます。

以上のことから、高品質で安全性が高く、安心して与えられるフードであると思われます。

もちろん上に述べたように、全ての犬に合うとは限らないので、まずは少しずつ試し、愛犬にぴったりのフードを探してみてください。

内容量が340gから選べるので、迷っている方は少量サイズを購入してみるのもよいでしょう。

☑シニア期におすすめのドッグフード一覧
老犬におすすめドッグフード

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる