ご訪問ありがとうございます^^

チワワは飼いやすい?性格は?初めてのワンちゃんにおすすめなのかを検証

URLをコピーする
URLをコピーしました!
管理人

世界最小の犬種ともいわれる「チワワ」は日本でもかなり人気があり、

ダックスフンドやプードルと並んで3大人気犬種の一角を担っています。

また、初めてワンちゃんを飼う人にとって飼いやすいといわれています。

なので、ペットショップに行くと必ずまっ先に勧めてくる犬種だと思います。

ですが、飼いやすいの?と聞かれれば….うーん、、、、なのです(笑)

もちろん、同じチワワでも気質も違いますし、飼い主との相性だってあると思うので、一概には言えませんが、

我が家のチワワのバロンは飼いやすいとは言えないですね^^;

バロンは友人が事情で飼えなくなり、3歳で我が家に来ました。

元々チワワという犬種は飼い主に忠実なワンちゃんだと思いますが、それに輪をかけてバロンは気質的にも怖がりで用心深い性格。

最初は中々心を開いてくれず、仰向けになってお腹を見せる姿勢をしてくれるのに2年近くかかりました。

チワ太郎

途中から飼う場合は、チワワに限らず根気よく信頼関係を気づいてくいくしかないのだワン。

子犬から飼っていたらもう少し違っていたかもしれませんが、チワワにはこのような一面もあります。

とは言え、チワワは大人気です。

日本を含めてナゼ人気を博しているのでしょうか?

また、初めてワンちゃんを飼う人におススメできるワンちゃんなのでしょうか?

今回は、初めてワンちゃんを飼う人にとってチワワは飼いやすいのか、併せてチワワの性格についても触れていきたいと思います。

この記事でわかること
  • チワワの性格
  • 初めての飼うのにチワワはおすすめできるの?
  • チワワの飼い方

などなど、チワワをこれから飼ってみたいな~って方におすすめできる内容ですので、ご参考くださいね。

目次

チワワの歴史(祖先)

メキシコ

世界最小の犬種ともいわれるチワワは、中南米のメキシコ原産の超小型犬種です。

先祖とされるのが同じメキシコ原産のテチチです。

インディアンやインディオたちによって飼育されていました。

現在では愛玩犬として人気を博していますが、この先祖は食用として飼育されていました。

チワ太郎

食用…って。。

また、16世紀初頭にメキシコにやって来たスペイン人の探検家や調査団によってほとんどが食べ尽くされてしまい、頭数が激減してしまったともいわれています。

メキシコのチワワ州という土地に生存していた数が非常に少なく、純血種としてブリーディングしていくことは難しいと結論付けられてしまいました。

ただ、この貴重な犬種の血脈をそこで途絶えさせてしまうのは忍びないとして、別犬種としてその血脈を受け継いでいかせようとして生まれたのがチワワです。

チワワの誕生によってテチチは完全に絶滅してしまいますが、その血脈はしっかりと受け継がれることになりました。

はじめはメキシコからアメリカへと渡りましたが、当初は現在のような人気を博しているワンちゃんでありませんでした。

そんな状況の中、チワワの運命を好転させることがありました。

人気の由来

ルンバの王様と呼ばれたザビア・クガートが飼育していたチワワを公の場へとたびたび連れて行き、そこから人気に火が付き、いつしか人気犬種へとなっていきました。

チワワの種類

チワワの種類

被毛の長さによって2つの種類が存在しています。

  • 被毛が短いスムース・コート
  • 被毛が長いロング・コート

です。

元々は短い被毛のタイプだけでしたが、19世紀半ばのアメリカにおいて品種改良が進められ、スムース・コートのチワワとヨークシャー・テリアやパピヨンとの異種交配が行われ、誕生したのがロング・コートのチワワです。

この2つのタイプに関しての違いは被毛の長さのみで、それ以外で違いを見つけることはできません。

チワワの性格

性格は、飼い主や家族に対して忠実であるとされています。

また、エネルギッシュで好奇心が非常に強いので、家の中でじっとしているよりも外で景色や自分の気になるニオイを追跡することが大好きな性格です。

見知らぬ人に対しては用心深く接することがあり、番犬としての役割もしっかりと果そうとしてくれる犬種です。

また、体格は小さいものの気が強く、プライドが高いことでも知られます。

相手が自分よりもはるかに大きい犬種であろうと向かっていくこともあります。

管理人

本当にその通りなので、時には注意が要りますね。

ただ、向かっていくのを放置してしまうと、大けが、最悪亡くなってしまう危険性もあるので、飼い主や家族は向かっていかないようにブレーキをかけてあげる必要があります。

コミュ力高めの犬種であるといわれます。

容姿も可愛らしいので誰からも好かれる犬種ですが、チワワ自身は多くの人に愛されるよりもかけがえのない1人の人間に対して愛情を100%向けたいと考えている犬種で、

愛想を誰でも振る舞っていこうとするタイプではありません。

自分の愛犬には、自分だけを愛してほしいと考える飼い主にはぴったりの性格をしている犬種とも言えます。

また、自分が愛情を1人の人間に振舞おうとするので、飼い主の愛情も自分だけに注いでもらいたいと考えるので、

それが自分以外に向けられていると感じると焼きもちを焼いてしまうこともあるといわれています。

チワ太郎

僕もそうだワン。

チワワの値段相場

チワワの値段

約30万~50万円くらいで、ペットショップやブリーダーで購入する事ができます。

チワワの2つのタイプによる価格の差は多少はあるものの、そこまで広い差があるわけではありません。

また、チワワはほとんどすべてのカラーが認められている犬種です。

そして、カラーの違いによる値段の差もそこまで大きいものではなく、どのタイプのチワワを選んでも家に迎えるためには、最安でも約30万円かかるといえます。

初めてのワンちゃん!チワワは飼いやすい!?

チワワ飼いやすい

初めてワンちゃんを飼う人にとって、飼いやすいといわれている犬種のひとつです。(我が家は別でしたが^^;)

その理由は、まず体格が小さいことにもあります。

体格が小さいので扱いやすく、初めてワンちゃんを飼う人でもそこまで苦労することなく扱う事ができるということです。

そして、ワンちゃんを飼うとなると毎日の散歩をする必要があります。

これは小さい犬種でも変わりません。

ただ、散歩の時間は大型犬や超大型犬に比べると短くてよく、チワワの場合は大体1日30分ほどで十分とされています。

ただ、華奢なので少しの段差からの落下でも骨折をしたりすることもありますし、長時間の激しい運動が足腰や関節への大きな負担となり、

それが原因でけがをしてしまう危険性もあるので、しっかりと対処をする必要はあります。

また可愛い犬種なので、ついつい甘やかしてしまい、それが原因でよく吠えたり、唸ったり、噛みついたりといった問題行動を招くことがあります。

管理人

こういったことを防ぐ為には、甘やかしすぎないように自制して、ダメなことはダメだと教えていくことが大切です。

こういう時こそ飼い主の毅然とした態度が必要ですね。

チワワの飼い方のコツ

体格は小さいものの番犬として活躍できる素質を持っているワンちゃんではありますが、室内飼育が必須です。

体格が小さいうえに、出身が暖かい気候のメキシコ出身なので寒さには弱いワンちゃんです。

どんなワンちゃんでも散歩は原則的に毎日必要です。

チワワはエネルギッシュなタイプのワンちゃんで気になるニオイの追跡をすることが大好きなので、1日30分近くの公園などで追跡をさせてあげるようにすることが大切です。

散歩などで外出する際に注意するべきことがあります。

それは目の怪我です。

小さいワンちゃんで、その目線は人に比べるとかなり低く見落とされやすいですが、低い植物の枝などもチワワにとっては危険なものとなり得ます。

散歩などで外出する際には、チワワの目の高さにあるものに注意しながら、ケガをしないように注意してあげる必要があります。

あと、我が家のバロンはよく咳が出ます。

緊急性の高い咳ではないですが、いつも気をつけています。

☑他にも、お口のケア!

老犬の口臭ケア「お口と免疫(おくちとめんえき)」の口コミから見えてきた効果!

ドクターデンタルワンとドクターワンデルを比較!愛犬の口臭が気になっている飼い主さん必見

また、寒いのが苦手なので寒い時期の散歩の際には洋服を着せるなどの寒さ対策を必ず行ってから、散歩などの外出をさせるようにすることも大切なことです。

ワンちゃんの平均寿命が約13歳齢であるとされていますが、チワワは15歳齢以上生きることも珍しくなく長寿な犬種といえます。

ただ、その為には適度の運動とバランスのとれた食事が必要不可欠です。

また、定期的な健康診断を受けることで愛犬の健康状態を把握して、病気の早期発見をすることで、一緒に過ごせる時間をより長くする事ができます。

なので、1年に1~2回は動物病院で健康診断を受けるようにしましょう。

まとめ

管理人

チワワは体格が小さいので扱いやすい犬種ではあるものの、体格が小さいが上に華奢であり、

特に老犬になるとケガをしやすいので扱う際には他の犬種以上に優しく扱ってあげる必要があります。

老犬が喜ぶツボマッサージとお灸

ただ、必要以上に甘やかしてしまうととんでもない問題児になってしまう危険性もあるので、

甘やかす際にはしっかりと甘やかし、厳しくするときはしっかりと厳しく接するメリハリのある接し方をする必要があります。

ですが、そういったことをしっかりと行って飼育すれば、チワワはかけがえのない優れたパートナーとなってくれる犬種であることは間違いないです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる