ご訪問ありがとうございます^^

カナガンとモグワンのドッグフードを比較!成分や栄養価・コスパの違いは?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ワンちゃん飼うと子犬期であれば体温調節などの管理、

シニア期の老犬の頃には体調管理はもちろん、視力が弱くなってきている愛犬のために

住環境などの整備も必要になってきます。

チワわん

ワンちゃんのステージに応じて悩みも様々。

ですが、共通しているその中のひとつに愛犬の食餌の悩みがあります。

犬の食餌にはドッグフードを与えるか、もしくは手作りするかだと思いますが、

多くの飼い主さんたちはドッグフードを与えていると思います。

わたしもそうです。

プレミアムドッグフード

ですが、ドッグフードの多種多様な種類が存在し、安価なものもあれば、ビックリするほど高価なものもあります。

このビックリするほどの高価なドッグフードを、プレミアムドッグフードと呼びます。

そんな「プレミアムドッグフード」の中で知名度が高いドッグフードとして

カナガン」と「モグワン」というドッグフードがあります。

知名度だけではなく口コミもよく、どちらもいいドッグフードという評価をされています。

では、そんないいドッグフードであるカナガンドッグフードと

モグワンドッグフードはどちらの方が、優れたドッグフードなのでしょうか?

チワ太郎

どっちがいいのか知りたいワン。

今回は、カナガンドッグフードとモグワンドッグフードの成分や栄養価、

コスパなどを徹底的に比較し、両方のドッグフードの違いと優れているポイントなどについてご紹介していきます。

この記事でわかること
  • カナガンの特徴を知りたい
  • モグワンも気になっている
  • 「カナガン」「モグワン」どちらが愛犬にベストなのか比較検討したい
目次

モグワンとカナガンを徹底比較!これでもう迷わない

まずここでは、それぞれのドッグフードに関する基本的な情報を比較して違いを見ていきます。

スクロールできます
 カナガンモグワン
原産国イギリスイギリス
内容量2㎏1.8㎏
値段4,356円4,356円
対象犬種全犬種、全年齢全犬種、全年齢
「モグワン」と「カナガン」比較表
管理人

それぞれのドッグフードの基本的な情報の比較を挙げましたが、

どちらもイギリス原産で値段も対象となる犬種も同じです。

これだけ見るとほとんど変わりがなく、カナガンの方が内容量200g多いだけです。

では、次にそれぞれの原材料について見ていきます。

原材料比較

カナガン原材料

チキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン硫酸、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ、ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)

カナガン

\ チキンたっぷりのドッグフード /

モグワン原材料

チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

モグワン原材料

\ 食いつきの良いドッグフード /

原材料の違いとしては、どちらのドッグフードも犬の健康に悪影響を及ぼすようなものは含まれてはいません。

特に犬が消化を苦手とする穀類や香料、保存料などの添加物が含まれておらず、いいドッグフードといえます。

犬は雑食性が強いものの、肉食動物であり、人のように穀類を消化しやすい体の構造をしていません。

全く消化できないわけではないものの、犬の健康を考えると穀類がたくさん含んだドッグフードはいいドッグフードとは言えません。

また、どちらのドッグフードにもグルコサミンやコンドロイチン、メチルスルフォニルメタンといった成分が含まれています。

チワ太郎

これらの成分は、特にシニア期の健康維持に必要不可欠な成分だよ。

違いとしては、カナガンの主原料がチキンで、モグワンの主原料がチキンとサーモンとなっています。

どちらも十分なほどの量が含まれていますが、動物性タンパク質がチキンでは物足りないと感じる飼い主さんはモグワンの方が適しているといえます。

原産国比較

カナガンもモグワンも、どちらも動物愛護の発祥国といわれるイギリスで製造された価格が高いプレミアムドッグフードです。

香料や保存料などの添加物を比較

カナガンやモグワンには香料や保存料などの添加物は使用されていません。

チワ太郎

でも、自然由来の香料などは使用されているよ。

香料と言っても、自然由来なものでワンちゃんの健康を害する危険性はほとんどなく、

この部分だけでもどちらとも優れたドッグフードであるといえます。

栄養成分比較

ここまでは大きな違いがないドッグフードですが、栄養の部分では違いはあるのでしょうか。

ここでは含まれる栄養の成分を比較していきます。

カナガンの栄養成分

スクロールできます
タンパク質29%以上
脂質15%以上
灰分11.25%以下
繊維5.25%以下
炭水化物32.5%
水分8.5%
オメガ3脂肪酸0.9%
オメガ6脂肪酸2.8%
カルシウム1.86%
リン1.42%
エネルギー(100gあたり)376kcal
カナガンの栄養成分表

モグワンの栄養成分

スクロールできます
タンパク質27%以上
脂質10%以上
繊維4.75%以下
灰分9%以下
水分9%以下
炭水化物39%
オメガ3脂肪酸1.18%
オメガ6脂肪酸1.63%
リン1.06%
カルシウム1.4%
エネルギー(100gあたり)363kcal
モグワンの栄養成分表

栄養成分も大きな違いはなく、タンパク質や脂質、カロリーはカナガンの方が多く、

炭水化物やオメガ3脂肪酸などはモグワンの方が多いということです。

この違いもそこまで大きいものではなく、ほとんど変わらない優れたドッグフードといえます。

カナガンとモグワンの価格比較

 カナガンモグワン
通常価格4,356円4,356円
定期コース3,484円3,484円
「カナガン」と「モグワン」の価格比較表

価格に関しては、通常価格も定期コースによる割引の価格も同じで、価格による違いはありません。

ただ、内容量はカナガンの方が200g多いので、カナガンの方がお得といえます。

粒の大きさ比較

粒の大きさはともに約1㎝と小さく、小型犬や超小型犬、仔犬でも食べやすくなっています。

どちらのドッグフードも、全ライフステージに対応したドッグフードなので、

口が小さい小型犬や超小型犬、噛む力が弱い仔犬、老犬でも食べやすい構造になっています。

チワ太郎

これなら僕にもおすすめだワン

また、全ライフステージ対応だからといって、柔らかすぎず、

適度に固いので噛み応えがある粒を実現し、カリカリっと美味しそうな音を立てながら食べてくれます。

モグワンのコスパ

次にそれぞれのコスパについてみていきます。

通常価格や割引の価格も同じの両ドッグフードですが、どちらの方がコスパは優れているのでしょうか?

スクロールできます
通常料金4,356円
送料と代引き手数料704円/260円
割引3,484円
モグワンコスパ

1日あたりの料金(1日の食餌量から換算)

スクロールできます
体重3㎏181円
体重5㎏217円
体重15㎏484円
体重30㎏1,089円
1日あたりのモグワン料金

1ヶ月の食事代(1日の食餌量、通常価格で換算)

スクロールできます
体重3㎏5,445円
体重5㎏6,534円
体重15㎏14,520円
体重30㎏32,670円
1ヶ月あたりのモグワン料金

カナガンのコスパ

スクロールできます
通常料金4,356円
送料、代引き手数料704円/260円
割引3,484円
カナガンのコスパ

1日あたりの料金(1日の食餌量から換算)

スクロールできます
体重3㎏174円
体重5㎏311円
体重15㎏435円
体重30㎏726円
カナガン1日当たりの料金

1ヶ月の食事代(1日の食餌量、通常価格で換算)

スクロールできます
体重3㎏5,227円
体重5㎏9,334円
体重15㎏13,068円
体重30㎏21,780円
カナガン1ヶ月あたりの料金

モグワンとカナガンの1日の料金や1か月の食事代を比較すると、

  • 体重が軽い小型犬は、モグワンの方がお得
  • 体重が重い中大型犬は、カナガンの方がお得

になるのがわかりますね。

コスパで選ぶならモグワンそれともカナガン?

通常価格も、定期コースによる割引の価格も同額なので、どちらも甲乙つけがたいですが、

ただカナガンの方が200g多いので、コスパとしては「カナガン」の方が優れているといえます。

また、1日の料金も1か月の食事代も、カナガンの方がコスパはいいといえます。

管理人

ただ、これはあくまで目安の数字で、愛犬の健康状態などによっても変

わってくるので一概には言えない部分でもあります。

モグワンの一推しポイント

手作り食をコンセプトに作られたドッグフードなので、トッピングを加えることを前提に作られています。

なので、ドッグフード自体のカロリーが抑えられていて、飼い主や家族の好みによって

トッピングを加える事ができることが大きな一推しポイントです。

チワ太郎

飽きることなく食べてくれるかも。

\ 公式サイトはコチラから/

カナガンの一推しポイント

すべてのライフステージに対応。

通常のドッグフードはライフステージが変わるごとにドッグフードを替えていく必要がありますが、

全てのライフステージに対応しているので、それを行う必要がありません。

愛犬が食べなくなったり、アレルギー症状を発症してしまったりするなどの問題が起こらなければ、

ずっと与えることができます。

また、チキン50%配合されているのでヘルシー!

\ 公式サイトはコチラから/

モグワンをおすすめできるワンちゃん

こちらも全ライフステージに適応したドッグフードですが、中でもシニアを迎えた愛犬に適しているといえます。

シニアを迎えた犬は、運動量が低下する傾向にありまた、基礎代謝も低下する傾向にあります。従って、

カロリーは低い方がシニアを迎えた愛犬には適しているといえます。

さらに、シニアを迎えた愛犬には良質なタンパク質が不可欠とされます。

このドッグフードにはチキンとサーモンの良質なタンパク質が含まれているので、このポイントはクリアしています。

シニアを迎えた愛犬は食欲が低下してしまう傾向にありますが、

嗜好性が高いドッグフードなのでシニア期を迎えた愛犬でも美味しく食べてくれます。

他にも、トッピングを加えることも考慮してつくられたドッグフードなので、飼い主の好みや愛犬の好み、

状態に合わせてモグワンに一手間を加えることで、食欲が低下したシニア期の愛犬でもしっかりと美味しそうに食べてくれます。

カナガンをおすすめできるワンちゃん

モグワンとは違って、成長期の仔犬にお勧めです。

成長期の仔犬にとっては、カロリーが高く、タンパク質やカルシウム、

リンなどの栄養がしっかりと摂取できるドッグフードが理想ですが、

このドッグフードはそれをクリアしており、仔犬に与えるにはぴったりなドッグフードです。

粒が小さく、成長期の仔犬でも食べやすいことも仔犬におすすめできるポイントです。

カナガンとモグワンの共通点とは?

2つのドッグフードの共通点

犬が消化を苦手としている穀類が含まれていない「グレインフリー」のドッグフードであることと、

犬の健康被害を及ぼす危険性が高いとされる人工の添加物も一切含まれていないことが共通点として挙げられます。

どちらも「グレインフリー」

また、どちらのドッグフードも市販されておらず、ネットで注文して購入するしか方法がありません。

Amazonや楽天などの通販サイトにもあるものの、

公式サイトを利用した定期コースでの購入の方が便利で安全ということも共通しています。

まとめ

プレミアムドッグフードのひとつであるモグワンとカナガンを徹底比較して分かったことは、

どちらも優れたドッグフードであるということです。

チワわん

「カナガン」「モグワン」どちらも甲乙つけがたい。

仔犬からシニア期まで問題が起こらなければずっと使い続ける事ができることは、

飼い主としては利用しやすい部分でしょう。

また、犬にとって必要な成分はしっかりと含まれており、

犬にとって不必要な成分はしっかりと含まれてはいないことも高評価がつけれます。

ここまで大きな違いないとなると、後は好みの問題です。

飼い主の好みはもちろんのこと、食べるのは人ではなく犬なので、

愛犬がどちらの方が美味しく食べてくれるかが問題となります。

一度食べさせてみて、より美味しく食べる方を選択していけばいいと思います。

→子犬には「カナガン

→老犬には「モグワン

という選択肢もありそうです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる