ご訪問ありがとうございます^^

シニアフードは7歳から切り替えた方がいいの?老犬用フードの選び方~選び抜かれた5選も紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
チワわん

愛犬がシニアと呼ばれる時期になってくると考えるのが、ドッグフードの切り替えです。

ドッグフードの中には全ライフステージに対応したものもありますが、基本的にはライフステージが代わると、

ドッグフードを替えていく必要があります。

一般的にシニアと呼ばれる時期にシニアフードに切り替えることが正しいといわれていますが、

老化にも個体差があり、いつまでも若々しく生活するワンちゃんもいます。

では、シニアフードに切り替える時期やどんなシニアフードを選べばいいのか悩んでしまうものです。

この記事でわかること
  • 年齢毎にフードは切り替えた方がいいのか
  • シニアフードとは
  • 最適な切り替え時期は

今回は、シニアフードに切り替える時期や老犬用フードの選び方などについて紹介していきたいと思います。

目次

7歳で高齢犬ドッグフードに切り替えるのは早い

  • 超小型犬と小型犬が7歳
  • 中型犬が6歳
  • 大型犬と超大型犬が5歳

一般的に「シニア」と呼ばれるのは、大きさによっても変わってきますが、とされています。

ただ、これはあくまでも目安です。

シニア期に年齢が達したからと言ってフードをシニア用に切り替えてしまうと、デメリットが起こる危険性があります。

切替を早くすると起こり得るデメリット

デメリット

体重の減少

高齢犬ドッグフードは、運動量が減ってくる老犬用にカロリーが抑えられてつくられています。

ただ、まだ元気で若い頃と同じくらいの運動量があるワンちゃんが高齢犬ドッグフードを食べると、

摂取カロリーが消費されるカロリーよりも少ないので、体重が減ってしまう危険性があります。

太り過ぎは問題があると考える飼い主さんも多いと思いますが、痩せすぎも健康的には問題があります。

痩せすぎてしまうと、免疫力が落ちたり、体力が落ちたりしてしまうので、

病気になり易くなってしまい、最終的に大事な家族である愛犬との生活が短くなってしまう危険があります。

毛艶が悪くなる

高齢犬ドッグフードは、脂肪が抑えられてつくられています。

ただ、脂肪が不足すると被毛の艶がなくなってきます。

これは、被毛まで栄養が届いていないことが考えられます。

その結果、より老けた印象を見ている人に与えるだけではなく、皮膚炎を引き起こすことがあり、健康に悪影響を与えてしまいます。

筋力の低下

筋力を維持するためにはタンパク質は必須です。

あまりに少ないタンパク質含有量のドッグフードを与えてしまうと、筋力の低下を招き、足腰が弱くなってしまい、より老化を進めてしまいます。

その結果、大事な家族である愛犬との生活がより短くなってしまいます。

チワ太郎

筋力の低下を老化だと思って放置していると、最終的に寝たきりになってしまうから気をつけて!

そうすると、飼い主や家族が介護をする必要が出てきて、飼い主や家族の大きな負担となってしまいます。

それを防ぐ為にも、そして愛犬が何時までも元気に歩けるように筋力を維持することは大切です。

シニアフードの切替は10歳くらいがベスト

シニアドッグフードへの切り替え時期は個体差があります。

その目安としては、愛犬の様子を見て決定します。

シニアフードの切り替え時期

その様子とは、

  1. 今までと同じ食餌量や運動量なのに太ってきた
  2. 以前よりも寝ている時間が増えた
  3. 被毛の艶が悪くなった
  4. 被毛に白髪が混じるようになってきた

などが老化のサインといわれているので、このサインが愛犬に認められた場合には

シニアドッグフードに切り替えることを考えます。

老犬用ドッグフードの選び方

老犬用ドッグフードの選び方

①高タンパク質、低カロリー、低脂肪

老犬でもタンパク質は必要不可欠ですが、どんなタンパク質でもいいわけではなく、消化吸収が弱くなってくる老犬の為に良質なタンパク質を選ぶことが大切です。

また、基礎代謝が低下して肥満になりやすくなる老犬の為に低カロリーと低脂肪のものを選ぶことも大切です。

肥満は万病の元であり、関節への過剰な負担や心臓への負担などもあり、寿命に直結するので若い頃よりも肥満には注意しなければいけません。

管理人

肥満を予防する為に低カロリー・低脂肪のドッグフードを選ぶことは長生きをさせるためには必要なことです。

②栄養バランスが良い

シニア期を迎えてくると食餌量が減ってくることがあります。

なので、少しの量でも栄養がしっかりと摂取できるように栄養バランスがしっかりとれたドッグフードを選ぶことが大切です。

③オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は犬の体内で生成できないために食べ物から摂取する必要がある必須脂肪酸の1つで、

皮膚や被毛の健康、心臓や血管の健康、脳の健康、関節や足腰の健康などワンちゃんが健康的に過ごす為に必要なもの。

それがしっかりと含まれたドッグフードを選ぶことでより健康的な生活を送る事ができます。

また、関節や足腰が弱くなってくる老犬の為に、グルコサミンやコンドロイチンなどが含まれているものや、

病気になりにくい体作りに欠かせない免疫力を向上させるためのビタミンC・Eなどが含まれているものを

選ぶことも大切となってきます。

④余計なものが含まれていない

消化吸収が弱くなってくる老犬の為に、健康を維持するために必要なもの以外は含まれていないものを選ぶようにします。

保存料や香料、着色料などは健康を維持するために入っているわけではないので、それらができるだけ含まれていないドッグフードを選ぶようにします。

⑤食べやすいドッグフード

シニア期を迎えると噛む力が弱くなってきます。

なので、若い頃のように固いドッグフードをガツガツ食べる事ができなくなってくることがあります。

また、あまり大きい粒も食べにくくなってきます。

チワ太郎

シニアドッグフードは粒が小さく、あまり固すぎないドッグフードが理想だよ。

また、ドライフードではなく、水分量が多く柔らかいセミモイストやウェットタイプのフードも老犬は食べやすく、理想的です。

老犬におすすめしたいドッグフード5選

老犬におすすめしたいドッグフード5選

ドッグフードの中で特に優れた、老犬におすすめのフードを5つをご紹介していきます。

①ピッコロドッグフード

ピッコロドッグフード

ピッコロドッグフード」はシニア用につくられたドッグフードなので、

シニア期を迎えたワンちゃんが健康に過ごす為に必要なものがしっかりと含まれているドッグフードです。

食物繊維が含まれているので、老犬のお腹の調子を整えてより健康的な体作りの手助けをしてくれます。

また、1粒が小さいので噛む力が良く割ってきた老犬でも美味しく食べる事ができるようになっています。

②モグワン

モグワン

モグワン」は、全犬種、全年齢対応のドッグフードなので、シニア期のワンちゃんにも食べさせることができるように作られています。

また、厳選したヒューマン・グレードの食材を使用して作られています。

このドッグフードは、トッピングをすることを前提につくられているので、飼い主の好みやワンちゃんの好み・状態によって変える事ができます。

なので、食欲が低下してくるシニア期のワンちゃんでも飼い主の工夫次第では毎日美味しそうに食べてくます。

③ブッチ

ブッチ

ブッチ」はその50%以上が肉類で占められているドッグフードです。

肉食動物である犬にとって肉類がふんだんに使われていることは素晴らしい食事であるといえます。

また、水分含有量が多いので、喉の渇きを感じにくくなるシニア期を迎えたワンちゃんにとっては

食事をすると同時に水分補給もできることも「ブッチ」を与えるメリットといえます。

豊富な肉類だけではなく、ワンちゃんの健康に必要ではないものは一切含まれていないので、

飼い主としては安心して食べさせることができます。

④ドッグフード工房

ドッグフード工房

ドッグフード工房」は、手作りの食事を手本として考えられた「生づくり製法」で、高品質な食材を厳選してつくられたドッグフードです。

「ドッグフード工房」の優れたポイントは、原材料は全て人でも食べる事ができるほどの

高品質なヒューマン・グレードを厳選し、ワンちゃんが健康に過ごす為に必要な栄養を厳選した食材だけで満たしています。

また、高タンパク質や低脂肪の食材でつくられていて、ビタミンやミネラルなどもバランスよく入っているので、老犬におすすめのドッグフードです。

⑤ベニソン

ベニソンドッグフードはコロナ渦により、鹿の仕入れがストップしてしまったため現在販売が中止されております。

再開されましたらコチラでご報告いたしますが、同じジビエ肉の「ペットさん定期便」や「鹿+SHIKATO(シカト)」もございますので、ご検討いただければと思います。

ベニソンドッグフード

ベニソン」は、天然鹿肉を主原料としてつくられているドッグフードで、

鹿肉は高タンパク質・低脂肪・低カロリーというシニア期を迎えたワンちゃんが食べるには適した肉類です。

また、ベニソントッピングフードは、トウモロコシ・米・小麦といったワンちゃんが消化があまり得意でないものを含まずに作られていて、

着色料や保存料、香料も使用されていない安全性が高いドッグフードといえます。

シニアフード切り替え時期のまとめ

チワわん

シニアフードへの切り替えは、あくまでも個体差があり、愛犬の老化がどの程度進んでいるのかが切り替えの時期に大きく関わってきます。

飼い主や家族としては、シニアと呼ばれる年になったら愛犬の様子をいつも以上に気にかけて

切り替え時期を見極める必要があります。

シニアフードの選び方としては愛犬が何時までも元気に過ごす為に必要なものがしっかりと含まれていて、

健康を害する危険性があるものが入っていないものを選ぶことが重要となってきます。

様子を見ながら行うのがポイントですね!
シニアフード切り替え方法

また、シニアフードへの切り替えは、一気に切り替えるとワンチャンの消化器官を驚かせてしまい、

消化不良を起こしてしまう恐れがあるので、まずは今までのフードにシニアフードを10%混ぜて食べさせます。

それをしっかりと食べて下痢や嘔吐などが引き起こされないのであれば、徐々に割合を増やしていき、最終的に100%にしていくようにします。

その期間は約10~2週間かけてゆっくりと行っていきます。

☑シニア期におすすめのドッグフード一覧
老犬におすすめドッグフード

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる